ここから本文です

マカオ、総体犯罪件数7.1%減…カジノ低迷長期化も治安情勢は良好=16年1~3月期

マカオ新聞 5月30日(月)19時43分配信

 目下、マカオの月次カジノ売上が今年(2016)4月まで23ヶ月連続で前年割れとなっている。マカオの基幹産業の低迷が長期化する中、地元市民からは治安に与える影響について心配する声も聞かれる。

 マカオ保安庁は5月30日、今年第1四半期(1~3月期)の犯罪統計を公表。総体犯罪件数は前年同期比7.1%減の3333件、送検人数は15.9%増の1394人だった。

 犯罪の内訳については、不法監禁及び麻薬密売事案が大幅増だったことにより、暴力犯罪件数が24%増の181件となった。一方で、殺人、誘拐、暴行といった重大暴力犯罪については1件にとどまり、低発生率を維持した。このほか、マカオ及び中国本土の関係諸機関との連携強化に伴い、密航者及びオーバーステイについても7431人と大幅減となった。

 黄少澤マカオ保安局長は記者会見の中で、マカオの治安情勢は明確に良化しており、安定を維持しているとの見方を示したほか、これまでのところカジノ低迷が治安に与えるネガティブ影響は見受けられないとコメントした。

 昨今のマカオのカジノ売上低迷の背景にはマカオを訪れる大口ギャンブラーの減少があるとされ、高利貸しが借り手を見つけにくい状況の中、これまでよりも表立って活動し、広く集客をしているようだ。また、返済不能に陥った債務者に対する回収も一層厳しさを増していることから、アジトに監禁するなどして返済を迫る行為につながっているものとみられる。

最終更新:5月30日(月)19時43分

マカオ新聞