ここから本文です

イオン、ネットスーパーで月500円の定額配送サービス

ニュースイッチ 5月30日(月)7時50分配信

食品や日用品のネット販売需要取り込む

 イオンは6月に、ネットスーパー事業で定額配送料金サービスに乗り出す。ネットスーパーの1回あたりの利用額が少額だったり、月に何度も利用したりする層を開拓する。アマゾンジャパン(東京都目黒区)をはじめネット通販大手は年会費を払えば即日、無料配送するなどのサービスを展開している。イオンは小売り大手として、定額配送料金の導入で、主力の食品や日用品のネット販売需要を取り込む。

 定額配送サービスは会員登録して月額500円を払えば、ネットスーパーで何回注文しても配送料が無料になる。6月10日に開店する「イオンタウンユーカリが丘」(千葉県佐倉市)など複数店舗に導入する。

 不在の際には簡易型の宅配ボックスを会員宅先に置いて配送完了とし、配送作業を軽減する。さらに配送時間も通常は2時間単位で設定できるが、定額配送サービスでは例えば13時―17時などと時間設定枠を広げる。

最終更新:5月30日(月)7時50分

ニュースイッチ