ここから本文です

年内発売予定のトヨタ「C-HR」のレース仕様車が『ニュル24時間レース』完走

オートックワン 5月30日(月)13時10分配信

TOYOTA GAZOO Racingは、5月26~29日までニュルブルクリンク(ドイツ・ラインラント・プファルツ州)で開催された『第44回ニュルブルクリンク24時間耐久レース』に「TOYOTA C-HR Racing」、「LEXUS RC」、「LEXUS RC F」で参戦し、TOYOTA C-HR Racing、LEXUS RC Fの2台が完走を果たした。

>>ニュルブルクリンク24時間耐久レース(2016)フォトギャラリー

158台が参戦した決勝レースでは、今年末に市販予定である「C-HR」のレース仕様車としてSP2T(*1)クラスで参戦したTOYOTA C-HR Racing(326号車:影山 正彦/佐藤 久実/片山 智之*2/Herwig Daenens*3)が総合84位・クラス3位となった。

また、SP3T(*1)クラスで参戦したLEXUS RC(188号車:木下 隆之/松井 孝允/蒲生 尚弥)は駆動系トラブルでリタイヤ、レース経験豊富なトムスの開発力、熟練メカニックの持つノウハウを学ぶため、チームトムスとともにSP-PRO(*1)クラスで参戦したLEXUS RC F(36号車:土屋 武士/片岡 龍也/大嶋 和也/井口 卓人)は総合24位・クラス1位となった。


*1 SP2T排気量1,620ccまでのターボエンジン搭載クラス、SP3T排気量2,000ccまでのターボエンジン搭載クラス、SP-PRO排気量3,000cc以上で広い改造範囲が認められたクラス

*2 トヨタ自動車(株)凄腕技能養成部所属の車両評価ドライバー

*3 TOYOTA MOTOR EUROPE NV/SA実験部所属の車両評価ドライバー

TOYOTA GAZOO Racingは、モータースポーツ活動を通じてクルマを鍛える「もっといいクルマづくり」に取り組んでいる。なかでもニュルブルクリンク24時間耐久レースは、同社社員のメカニックおよびエンジニア・車両評価ドライバーが参加し、クルマを鍛えるとともにレースを通じた「人づくり(人材育成)」を推進している。

24時間耐久レースの舞台となるニュルブルクリンク(全長25km)は、普段から世界の自動車メーカーが車両の実験評価に使用している「クルマづくりの現場」であり、同レースに参加した社員は耐久レースという通常のテストコースによる実験評価よりもさらに過酷な環境下で「クルマの限界を知り、改善力を養う」といった様々な経験を積んでいる。

2007年に開始したこの活動も今年で10年目を迎え、これまで活動に参加してきた社員メカニックやエンジニアは、その後レース活動での知見を生かし、さまざまな車両開発の現場で活躍している。  

また、このレースには、過去に「LEXUS LFA」や「TOYOTA 86」などが参戦し、その後の市販車としての性能向上、商品性向上に生かしてきた。2016年は、TOYOTA C-HRを市販前に投入し、より良い商品づくりに生かせるよう取り組んできた。

チーム代表の豊田章男氏は「中古車のアルテッツァから始まったニュルへの挑戦も今年で10年目を迎えることができた。ドライバー、メカニック、サポートスタッフは1周でも多く走ることを目指して、それぞれの役割を果たし、心ひとつにたすきをつないできた。そして、この間、多くのクルマファンの方々がTOYOTA GAZOO Racingの活動を応援してくださった。関係者一人ひとりがどんな困難にも最後まで決して諦めず、この挑戦に主役として携わってきたからこそ、10年続けることができたと思う。『もっといいクルマづくり』、そしてそれを支える『人材育成』に終わりはない。『人を鍛え、クルマを鍛える』ために、これからもニュルへの挑戦を続けていきたい」とコメントした。

最終更新:5月30日(月)13時10分

オートックワン