ここから本文です

LiLiCoがイケメンとの熱いKISSでベルト戴冠!

バトル・ニュース 5月30日(月)12時10分配信

 29日、後楽園ホールにて行われたDDT『Audience2016』。その第4試合にて、スーパーササダンゴマシンが持つDDT EXTREME級にLiLiCoが挑戦した。

 NHKの『高校講座』でパワーポイントを教えるほどになったササダンゴの煽りパワポをLiLiCoが乱入しジャック。ササダンゴを追い出すと『DDT EXTREME級選手権のマネジメントに関する考察』と題して煽りパワポを開始した。

 LiLiCoは映画コメンテーターとしてこの試合を映画に例えると、ササダンゴのような身体がでかいだけが取り柄の映画として『タイタニック』をあげ『上流階級の娘であるリリコ・ウィンスレットと貧しい青年のワタセ・プリオが恋に落ち、ササダニック号は身体が大きいからパニック映画さながらの緊迫感溢れる展開で何度もリリコはピンチになる。だが氷のように冷たいハートを持つ大石にササダニック号はぶつかり(イスで殴打され)、悲劇の別れを予感させる二人(ワタセプリオとリリコ)の熱いKISS。そしてタイタニック式クロスボディアタックで私は完全勝利』と感動ストーリーで勝利するとプレゼンした。

 試合が始まると渡瀬プリオは鉄柱にガムテープで括りつけられてしまい、ササダンゴのパワーにLiLiCoは劣勢に。ササダンゴは容赦なくLiLiCoに垂直落下式リーマンショックを叩き込んでフォールも2。
 ササダンゴは「勝ち気な女、嫌いじゃないぜ」と髪を掴むが、LiLiCoはツバを吐き挑発。ササダンゴはLiLiCoを羽交い締めにしそこに大石がイスを振りかぶるが、これはLiLiCoが避けてササダンゴの脳天をイスがぶち抜き、プレゼンの通りササダニック号はリングに沈む。
 するとLiLiCoが歌う『マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン(タイタニックのテーマ)』が会場に流れ、渡瀬とLiLiCoがササダニック号船内(後楽園ホール)でお互いを探しまわる。お互いを視認すると渡瀬はリングに飛び乗り、コーナー上で熱いキスを交わすとタイタニックを象徴するポーズ。それを見たササダンゴは「せいぜい二人で楽しめ」と言わんばかりの顔で睨むと、LiLiCoはタイタニック式ダイビングクロスボディアタック。これでフォールもササダンゴが2で返してしまう。

 LiLiCoは怒り狂い卍固め。これをリバースしたササダンゴはエプロンの渡瀬にドロップキックからLiLiCoに垂直落下式リーマンショックを狙う。だがLiLiCoは急所攻撃からランニングニーを急所に叩きこみタイタニック式エビ固め(=ヨシタニック)。ササダンゴは沈没し見事LiLiCoが新王者に輝いた!

 意気揚々と引き上げたLiLiCoと渡瀬瑞基。渡瀬は「いや最高でしたね。タイタニックと一つだけ違うとこありました。タイタニックは、ジャックは最後死んでしまうんですけど僕は死ななかったです。LiLiCoさんを愛しているからです」とLiLiCoを見つめ、LiLiCoも「私も愛してるよ」と熱いキス。
 このベルトは王者がルールを決められるという特性があるが、LiLiCoは「今後の防衛戦はイケメンとしかやらない」とキッパリと言い切った。

最終更新:5月30日(月)12時10分

バトル・ニュース