ここから本文です

クレイジーなアイディアだ ラツィオがバロテッリ代理人と話し合いへ

theWORLD(ザ・ワールド) 5月30日(月)8時20分配信

イタリアに残るチャンスか

頼みの綱だったミランからも不要な選手と言われ、リヴァプールにも居場所がないFWマリオ・バロテッリに新たな行き先が浮上した。

これまでバロテッリには中国やトルコのガラタサライなどが興味を示していたが、伊『Corriere dello Sport』はラツィオもバロテッリ獲得に興味を示していると報じた。すでに代理人のミーノ・ライオラ氏がラツィオと話し合いを行っているようで、同メディアは結局バロテッリはイタリアに残ることになるのではと伝えている。

今季のラツィオは8位でフィニッシュしたが、最後まで得点力不足に苦しめられたシーズンでもあった。リーグ戦で二桁得点を奪ったのは10得点のMFアントニオ・カンドレーヴァのみで、ミロスラフ・クローゼをはじめとするFW陣が満足な結果を残すことができなかった。バロテッリがその問題を解消できる人材かはさておき、来季の戦いに向けて前線に手を加える必要があるのは確かだ。

バロテッリにとってもセリエAでのプレイを続けられるのは魅力的で、ラツィオで再スタートを切るのも面白い。ただし同メディアはどちらにしても給与の大幅カットは避けられないと伝えており、バロテッリは自身の立場を理解する必要があるだろう。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月30日(月)8時20分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報