ここから本文です

スバル WRX STI、ニュルブルクリンク24時間レースで2年連続クラス優勝

オートックワン 5月30日(月)14時43分配信

富士重工業のモータースポーツ統括会社であるスバルテクニカインターナショナルが市販車ベースのレースカー「SUBARU WRX STI NBR チャレンジ 2016」で出場した第44回ニュルブルクリンク24時間レース(ドイツ、5月26日~29日)において、SP3Tクラスで優勝を果たした。

スバル WRX STI ニュルブルクリンク24時間レースの写真を見る

SUBARU STIチームとSUBARU WRX STIのクラス優勝は、2015年に続く2年連続で、2011年の初優勝以来4度目となる。

「SUBARU WRX STI NBR チャレンジ 2016」(カルロ・ヴァン・ダム/マルセル・ラッセー/ティム・シュリック/山内英輝)は、予選クラス2位の位置からスタート。

スタート直後に雹や雷雨を含む悪天候によってレースが3時間にわたって中断されるなど混乱を極めたが、ヴァン・ダム選手がクラッシュ車両を巧みに避け、山内選手がクラス首位を奪取するなどSUBARU STIチームはチーム力を発揮し、24時間で合計121周(約3,070km)を走破した。

今回のクラス優勝で、WRX STI AWDスポーツパフォーマンスが「究極の一般公道」とも言われるニュルブルクリンク・ サーキットにおいても高次元で発揮されることをあらためて実証することができた。

今後も富士重工業とSTIは、モータースポーツを通じてスバルが提供する価値である「安心と愉しさ」を確かなモノづくりで実現し、世界中のユーザーの期待に応えていくとしている。

最終更新:5月30日(月)14時43分

オートックワン