ここから本文です

本郷奏多「小学生の時」からGACKTとの十数年来の友人関係を明かす。教えられたことは「テキーラ」

E-TALENTBANK 5月30日(月)17時30分配信

本郷奏多、7年ぶりとなる写真集「KANATA HONGO 2016」(ぴあ)が今月5月25日発売。5月29日に東京・福家書店 新宿サブナード店で行われた握手会には約2000人のファンが集結した。

7年ぶりとなる写真集「KANATA HONGO 2016」は、日常/非日常のふたつの世界で魅せる本郷の多彩な表情を収録。撮影をしたのは大学時代の友人であり、自身が尊敬するカメラマン小暮和音。信頼している友人にすべてを託したその写真には、20代となりグッと大人びた彼の仕草や愛犬と一緒にいるときの柔らかい雰囲気など、ここでしか見られない貴重な瞬間が収められている。巻末には写真集に登場する彼の“LIKE”なものにまつわるエピソードのほか、現在の心境を語るインタビューも掲載。 本郷の新たな魅力が発見できる1冊だ。

本郷はこの日のインタビューで、「前回の写真集の時は10代だったのですが、今回は二十歳も越えていますし、大人っぽいところを出そうと思ってお酒のショットを入れました。」と語り、「GACKTさんとは、僕が小学生の時、『MOON CHILD』という映画でGACKTさんの幼少期を僕が演じたことがきっかけで、仲良くさせていただいているんですが、二十歳になってお酒が解禁になった時、GACKTさんにお祝いしていただいたんです。その時、『苦いのはダメなんで、甘いお酒で、これというものがあれば教えてください。そうしたらそれを僕は飲みます』と聞いたら、『テキーラがいいよ』と冗談を教えられたんです(笑)。でも教えてもらったので飲み続けていますけど(笑)。記憶がなくなるのはザラですが、人に迷惑を掛けるような酔い方はしないです(笑)。」と意外な交友関係について語っていた。

最終更新:5月30日(月)17時30分

E-TALENTBANK

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。