ここから本文です

Amazonの電子書籍「Kindle」のステキな魅力5つ 使ったことが無い方へ

マネーの達人 5月30日(月)5時34分配信

電子書籍を読んだことも買ったことも無い、という人はまだまだ多いです。わたしの周りでも、体感としては半々ぐらいでしょうか。電子書籍を買ったことが無いという人が、まだ半分ぐらいいるイメージです。

電子書籍というのは専用の機械が無くても、パソコンやスマホ、タブレットがあれば読めます。

そして、それだけではないんです。

今回は、Amazonの電子書籍Kindleで、「こんなにすごい魅力があるんです」と個人的に思うものを5つ紹介していきます!

【1】青空文庫が読める

「青空文庫」って知っていますか? 著作権切れの、古い小説等は無料で読めるんです。もともとは「青空文庫」としてサイト上から読めるものだったのですが、Kindle版なら専用の電子書籍リーダーを使って読めるので、読みやすいですよ。

たとえば、夏目漱石や太宰治など、有名な近代文学が無料で読めてしまいます。海外の作品はあまり多くありませんが、ロマン・ロランやカフカなどいろいろあります。

【2】日替わり・月替わりセール

普通、本って安くならないですよね。でも、Kindle本ならセールがあります。しかも、値引き率の高いものだと半額以下になっていることも多々あります!

99円で買えてしまうような本もあるので、今まで以上に気軽に本を買えるようになりますよ。

【3】ポイント還元セール

値引きセールだけでなく、ポイント還元セールもあります。最大20%のポイント還元なので、1,500円の本を買えば300ポイントの還元。

Amazonで貯まったポイントはAmazonでの買い物に使えるので、Amazonをよく使ってれば無駄になることはまずありません。

しかも、値引きセールになっている本にさらにポイント還元が付くこともあるので、かなりお得ですよ。

【4】無料本がある

青空文庫の他にも、無料で買える本があります。「無料お試し版」という形で少ししか読めないものもありますが、普通に1冊丸々ゼロ円になっているものも。

漫画だと「1巻は無料で読めて2巻以降は有料」というパターンも多いです。まず1巻を読んでみてから全巻買うかどうか決める、ということもできるのがいいですね。

1/2ページ

最終更新:5月30日(月)5時34分

マネーの達人