ここから本文です

C・ロナウドがビッグマッチに弱いはずはない 優勝決めるPKが巡ってくる強運に英メディアも驚き

theWORLD(ザ・ワールド) 5月30日(月)13時40分配信

過去3度の決勝全てで得点

28日に行われたチャンピオンズリーグ決勝で優勝を決めたのは、レアル・マドリードFWクリスティアーノ・ロナウドのPKだった。PKを決めたあとにユニフォームを脱いで自慢の肉体を披露する姿は2シーズン前の決勝と重なる部分があり、やはりロナウドはスーパースターだった。

今回のPKはPK戦の中で決めたものだったが、ロナウドは過去3回のUCL決勝全てで得点を決めている。2007-08シーズンにはマンチェスター・ユナイテッドの一員としてチェルシーと対戦し、先制点となるヘディングシュートを決めている。その後のPK戦では失敗してしまったものの、チームの優勝に大きく貢献した。

そして2シーズン前の決勝では試合終了間際にPKを蹴り込み、ユニフォームを脱いで自慢の肉体を披露。そして今回も優勝を決めるPKを蹴り込み、同じくユニフォームを脱ぐパフォーマンスを見せた。今季前半戦のロナウドは強豪相手になかなか得点を奪えず、ビッグマッチに弱いと批判されていた。しかし英『Squawka』は3度の決勝全てで主役となっているロナウドがビッグマッチに弱いはずはないと主張しており、“持っている“ところを見せた今回の活躍を賞賛している。

今季前半戦には年齢による衰えを指摘する声もあったが、今ではそんな声もほとんど聞こえてこない。今回の試合では普段見せないような守備に走る姿も披露しており、まだまだチームの主役であることは間違いない。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月30日(月)13時40分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。