ここから本文です

安田金属工業、岐阜の押出プレス更新

日刊産業新聞 5月30日(月)12時29分配信

 アルミ押出メーカーの安田金属工業(本社=大阪市中央区、安田立明社長)は今年9月、岐阜工場(岐阜県不破郡垂井町)の押出プレス機を1基更新する。独SMS社製のハイブリッド型6インチプレス機を導入し、生産効率を20%引き上げるほか、品質の安定化を図り、プレス工程の消費電力を最大で55%低減する。生産性向上に伴い、プラー設備をダブルプラーに更新する計画で、投資額は設置費用や付帯設備などを含めて6億円。新設備による生産開始は10月を予定する。

最終更新:5月30日(月)12時29分

日刊産業新聞