ここから本文です

富山市「100のレジリエント・シティ」 都市戦略の策定にむけ初会合/富山

チューリップテレビ 5月30日(月)20時14分配信

 アメリカのロックフェラー財団から災害や混乱に強い『100のレジリエント・シティ』に選ばれたのを受け、富山市が具体的な戦略の検討を始めました。
 30日開かれた検討会の初会合には、市の幹部や県内企業の代表者、有識者などが出席。
 アメリカの大学教授・ジョセフ・ランゾウ稲田さんが座長をつとめました。
 30日は、これから取りまとめる『レジリエンス戦略』に、『人材』・『インフラ』・『経済の繁栄』・『環境』の4つを優先課題として盛り込むことを決めました。
 今後、さらに議論を深め、来年1月ごろのレジリエンス戦略の策定を目指します。

チューリップテレビ

最終更新:5月30日(月)20時14分

チューリップテレビ