ここから本文です

リオ五輪代表 競歩・谷井「とやま賞」受賞/富山

チューリップテレビ 5月30日(月)20時16分配信

 リオデジャネイロオリンピックの競歩に出場する滑川市出身の谷井孝行選手が、それぞれの分野で優れた業績を収めた県関係者に贈られる「とやま賞」を受賞しました。
 とやま賞を受賞したのは、50キロ競歩リオデジャネイロオリンピック代表の谷井孝行選手です。
 とやま賞は、学術研究や文化、スポーツなど様々な分野で顕著な業績をあげた県関係者に毎年贈られるものです。
 谷井選手は去年の世界陸上で3位に入り、日本競歩界初のメダルを獲得したことや過去3大会連続のオリンピック出場など国内外の大会での実績を評価されての受賞となりました。
 そんな谷井選手には、4年前のロンドンオリンピック以来意識していることがあります。
 それは、練習メニューを自ら考え、『自分で自分をつくる』ということです。
 「結果が良くても悪くても、自分でやったことだから受け止められる」(谷井孝行選手)
 以来、アジア大会や世界陸上で着実に結果を残してきた谷井選手。
 その経験から式に出席した高校生たちに向けて次のように話しました。
 「あきらめないことは大前提。その上で必要なのが自分で考えて実行すること」(谷井孝行選手)

 決してあきらめることなく一歩一歩近づいてきたオリンピックでのメダル獲得という夢に向かって。
 谷井選手は来月中旬から北海道で合宿をおこない、8月の本番に挑みます。

チューリップテレビ

最終更新:5月30日(月)20時16分

チューリップテレビ