ここから本文です

“スタメン”で2ゴールの鹿島MF土居聖真「試合に使われれば結果は残せる」

theWORLD(ザ・ワールド) 5月30日(月)18時17分配信

復活の2ゴール

鹿島アントラーズの土居聖真が29日に開催されたヴァンフォーレ甲府戦を振り返った。

今季は6節で初めて先発出場を果たし、同試合から連続でゴールを記録した土居だが、10節からはベンチスタートが続いて6試合連続無得点と苦しい時間を過ごす。しかし29日に開催された甲府戦で5試合ぶりの先発出場を果たすと、0-0で迎えた前半アディショナルタイム、右足でコースを狙ったシュートがネットを揺らしてシーズン3点目を決めた。

また土居は後半開始早々にも、ボックスの外から強烈なミドルシュート。今度は左足でのシュートがネットに突き刺さり、この試合2点目を記録する。その後も最前線やサイドで献身的なプレイを披露した土居は、フル出場で4-0の大勝に貢献した。

5試合ぶりに先発出場でクラブを勝利に導いた土居は試合後、「試合に使われれば結果は残せるというのを示したかった」とコメント。続けて、「これまでも何ヵ所か、そういう場面は作ってきましたけど、なかなかスタメン定着というか、連続して使ってもらえる機会がこの1stステージはあまりなかった。そんな中でも自分の限られた時間の中で結果を残すことがプロだと思うし、今日は久々の先発になった中で2点は取りましたけど、まだ取れるチャンスもありました。そういうところはもっと突き詰めていかないといけないかなと思います」と自身のパフォーマンスを振り返った。Jリーグ公式サイトが同選手のコメントを伝えている。

甲府から勝ち点3を獲得した鹿島は勝ち点30まで伸ばし、次節は浦和レッズとの大一番を迎える。2012年の浦和戦で初めて先発出場を果たして現在はチームの中心選手にまで成長した土居は、公式戦初の先発出場から4年が経った浦和戦でも結果を残すことができるだろか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月30日(月)18時17分

theWORLD(ザ・ワールド)