ここから本文です

モウリーニョの良き理解者ランパード「ユナイテッドには彼のような監督が必要だ」「勝利こそすべてだ」

theWORLD(ザ・ワールド) 5月30日(月)19時30分配信

モウリーニョ哲学

かつてジョゼ・モウリーニョの元で4年間プレイした元チェルシーMFフランク・ランパードは、マンチェスター・ユナイテッドの指揮官に就任にした恩師モウリーニョの成功を確信しているようだ。

英紙『The Sun』によると、インタビューに応じたランパードはモウリーニョについて次のように語った。

「ジョゼのユナイテッド就任は、チームに大きな影響を与えると思うよ。彼はこれまでの経験を元に、チームを勝利へ導く方法を知っている。チームをよく観察し、自分の考えを選手に植え付ける。そして選手たちが彼の考えを理解すると活躍し出すんだ。今のユナイテッドには、このような考えと彼のような一流の監督が必要だと思うよ」

「ジョゼがプレミアリーグに帰って来たことで、また一段と豪華になったんじゃないかな。僕はユナイテッドのファンじゃないけど、モウリーニョにグアルディオラ、クロップ、コンテ、ヴェンゲルが来季対戦すると言ったらじっとしてはいられないよ」

「チェルシー時代、僕たちのサッカーは一時期退屈と非難されたけど、ほとんどの試合で勝利したんだ。それが唯一の救いだったよ。ジョゼは勝つ方法を知っているけど、すべての試合で華麗なサッカーをするわけではない。ファンはチームに勝ってほしいと思うのはもちろんだけど、美しい勝ち方も望んでいる。だけど、勝利こそすべてなんだよ」

モウリーニョの良き理解者であるランパードのように彼の哲学が選手やファンに理解され、来季ユナイテッドは一試合でも多く勝利を挙げることができるのだろうか。勝利に飢えているモウリーニョがユナイテッドをかつての栄光へ導く。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月30日(月)19時30分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。