ここから本文です

【MLB】議論高まるストライクゾーン改正問題の是非 試合時間短縮は本当に必要か

Full-Count 5月30日(月)18時59分配信

早ければ来季から導入も…メディアは否定的、選手からも反対の声

 米大リーグでルール改正に対する議論が高まっている。ESPNによると、5月19日まで行われたオーナー会議で「打者の膝頭下部とされるストライクゾーンの下限を膝頭上部に引き上げる」、「打者を敬遠する際は投げずに意思表示するだけで良い」という2点のルール改正が合意し、早ければ来季から導入される見通しになったという。

日本人最高は? 衝撃の総額年俸、これまでのMLB大型契約ランキング

 ストライクゾーン改正については近年増加傾向にあった打者の三振数を減らし、コンタクト率を上げることで時間短縮につなげるのが目的のようだが、米メディアでは「どのように野球が変わるか予測できない」と、その効果に否定的な意見が多い。近年、投高打低が顕著になったとの指摘もあるが、1試合の平均得点数は2014年以降、増えており、ルール改正が打撃戦増加を助長するとの指摘もある。

 また、選手側からも反対の声が挙がっている。カージナルスのエースで2度最多勝に輝いた実績のあるアダム・ウェインライト投手は「打撃戦でより点が入る試合が増えることをリーグが望むのは理解できる。だが、ストライクゾーンを膝上に上げることが試合時間短縮につながるとは考えられない」と、地元紙「セントルイス・ポスト・ディスパッチ」に疑問を呈した。ヤンキースの田中将大投手もウェインライトに同意。「点が入った方がみんな楽しいから・・。でも、点を取りやすくされたら投手は難しくなる」と話す。

敬遠四球改正にはイチローも警鐘、今後もわずかな時間削減への取り組みが続く?

 敬遠四球の改正に関しても、マーリンズのイチロー外野手が地元紙マイアミ・ヘラルドに「敬遠は試合の一部であり、変えるべきではない。野球が変わってしまわないか心配」とコメントし、警鐘を鳴らした。

 近年、大リーグはイニング間の交代時間に上限を設け、打者が打席を完全に外す行為に罰金を科すなど試合時間短縮のために様々な策を講じてきた。その結果、昨季の試合平均時間は前年度よりも6分ほど短くすることに成功。だが、米メディアによると、今季は開幕から7分ほど伸びていることから、さらなる改革に取り組んだとみられる。

 だが、実際にベースボールファンがそれを本当に望んでいるのか疑問が残る。時間短縮のための新ルールが導入された2015年の1試合平均の観客動員数を見てみると、前年度から100人弱の微増。試合時間が年々右肩上がりとなっている2010年以降も観客動員数は主に微増傾向にあり、大きな減少もみられていない。

 テレビ中継への影響はあるだろうが、「野球が変わるかもしれない」リスクのあるストライクゾーン改正がどこまでファン獲得につながるのか、不透明だ。それでも、今後もわずかな時間を削減するための取り組みが継続されるだろう。次のルール改正では「守備側が三振を奪った際のボール回しを禁止」、「打者が打席に向かう際に流す音楽をなくす」、「セブンスイニングストレッチで流すTake Me Out to the Ball Gameの短縮バージョン作成」などの提案がされるかもしれない。

 それよりも、審判によってストライクゾーンが大きく異なることの方が大きな問題ではないか。1試合に1度あるかどうか分からない敬遠四球の簡易化でわずかな短縮をはかるよりも、公平なコールを徹底できる審判教育に力を入れて、無駄な抗議や退場を減らす道を選んだ方が建設的に思えてならない。

伊武弘多●文 text by Kouta Ibu

最終更新:5月30日(月)18時59分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。