ここから本文です

負けても強気のグリーズマン「ミュンヘンでの試合のほうが難しかった」「申し訳ないとは思わない」

theWORLD(ザ・ワールド) 5月30日(月)22時30分配信

PK戦では成功

アトレティコ・マドリードのアントワーヌ・グリーズマンがUCL決勝に対して、意外な感想を持っていることが明らかになった。

28日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ決勝、マドリードダービーとなったこの試合はレアル・マドリードがPK戦の末に勝利している。グリーズマンは後半開始直後に訪れたPKを失敗してしまい、敗因の一端を背負う選手にもなってしまった。そんな同選手が試合後、スペイン『AS』の取材に応えている。

失敗したPKについてグリーズマンは「申し訳ないとは思わないよ。蹴りたいからそこに立ったし、ミスは数センチによるものだ」と話した。

また、試合については「ミュンヘンでの試合が最も難しかった。でもこれはよりエモーショナルだね。僕らはすべてをかけて戦ったけど、PKは宝くじのようなものだ。監督は多くを語っていないよ。誰も話したがらないからね。僕らはみんな黙っている。難しい時間だね。できるだけ早く忘れなければならない。3度目の決勝のときは良い結果を期待するよ」とコメントしている。

ビッグマッチでの敗戦に失望は隠せないはずだが、気丈に振る舞ったグリーズマン。さらなる成長を期待し、アトレティコでビッグイヤーを掲げるのを楽しみに待ちたいところだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月30日(月)22時30分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]