ここから本文です

高槻・明治の見学施設がリニューアル

Lmaga.jp 5月30日(月)12時0分配信

「きのこの山」や「たけのこの里」「ガルボ」といったチョコスナック菓子を製造している明治「大阪工場」(大阪府高槻市)の見学施設「明治なるほどファクトリー大阪」がリニューアル、メディアに公開された。

「ウカール神社」や「きのこの山」おなじみのキャラクターも見学できる

ギネス世界記録にも認定された巨大なチョコレートの看板(1粒33坪!)が目印の工場では、きのこの山やカールの製造ラインが見学できる。「きのこの山」ゾーンではクラッカー軸のさし方や傘型のチョコの作り方など、実際に見てみるとその工程に驚くものばかり。「カール」ゾーンも、星型やカエル型などのラッキーバージョンが投入される様子など、包装までの工程を見ることができ、最後には出来たてカールの試食も。

また、カカオ豆を年間約7,600トンも扱う同工場とあって、チョコレートの栄養・健康効果に関する研究成果などを紹介する「展示ルーム」もリニューアルし、以前よりもチョコレートの世界観をより一層感じられる内容に。ほか、「ミルクチョコレート」や「マーブルチョコ」などのビッグパッケージが並ぶ空中回廊や、合格祈願に御利益があると噂の「ウカール神社」など、子どもから大人まで楽しめる展示がたくさん。見学会は2名以上から受付(要予約/電話:072-685-5031)。

最終更新:5月30日(月)13時46分

Lmaga.jp