ここから本文です

ザウバーの同士討ちで、エリクソンに次戦3グリッド降格のペナルティ

オートスポーツweb 5月30日(月)2時36分配信

 ザウバーのマーカス・エリクソンは、F1モナコGPの決勝レースでチームメイトのフェリペ・ナッセと接触事故を起こしたことにより、次戦のカナダGPで「3グリッド降格」のペナルティを受けることになった。 

雨、タイヤ、ピットストップ……波乱に満ちたモナコ

 ザウバーの2台は、マノーのパスカル・ウェーレインとハースのロマン・グロージャンとポジション争いを繰り広げていた。チームはナッセに対して、よりペースの速いエリクソンを先行させるように連絡。その直後、エリクソンが最終コーナー手前のラスカスでオーバーテイクを試みたとき、両者は接触してしまった。このアクシデントにより、2台ともマシンにダメージを負ってリタイアとなっている。

 原因はエリクソンにあるとして、次戦グリッド降格に加えて、12カ月累積となるペナルティポイント「2」が科せられた。これでエリクソンは累計6ポイント(12ポイントで1戦出場停止)。

 スチュワードは、マノーのパスカル・ウェーレインに対してもペナルティポイント「4」を科した。バーチャル・セーフティカー導入時の速度違反で2ポイントと青旗無視で2ポイント。さらに、それぞれ10秒のタイム加算ペナルティを受けている。

[オートスポーツweb ]

最終更新:5月30日(月)2時36分

オートスポーツweb