ここから本文です

アロンソ「表彰台が可能かも…一時はそう思った」:マクラーレン・ホンダ モナコ日曜

オートスポーツweb 5月30日(月)7時20分配信

 2016年F1モナコGP決勝で、マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソは5位だった。

2016年第6戦モナコGP ロズベルグの前を走るアロンソ

■マクラーレン・ホンダ・フォーミュラ1チーム
フェルナンド・アロンソ 決勝=5位
 ドライビングと集中力の面で、本当にタフなレースだった。

 セーフティカー先導でレースがスタートした。視界はほぼゼロだった。その後インターに履き替えたけれど、今週末このタイヤを使うのは皆、それが初めてだった。誰にとっても未知の領域だったんだ。

 ドライタイヤに換えた後も、路面の乾いたラインはとても細くて、ラインから0.5センチ外れただけでクラッシュしてしまっただろう。今日はミスすることは一切許されなかった。

 それでも僕らはいい結果を達成した。2台揃ってポイント獲得というのは、それなりに満足すべき結果だろう。僕らはしっかり進歩し続けている。今回のリザルトは、僕らが達成してきたことを証明している。正しい方向に向かっているんだ。
 
 まだ目指す位置にはいない。僕らが望んでいるのはトップに立って、優勝や表彰台を争うことだからね。でも今の物事の流れには満足している。


(決勝の間)一時は表彰台も可能かもしれないと考えた。ピットストップの後、残り50周の段階で5番手だったんだ。トリッキーなコンディションだったから、このまま生き残れれば可能かもしれない……少しの間だけど、そう考えた。

(Crash.netに語り)前で2台リタイアが出たら(表彰台に上がることが)可能だと思ったんだ。一瞬、そう思ったけど、結局それは不可能だったね。

[オートスポーツweb ]

最終更新:5月30日(月)7時21分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]