ここから本文です

オートポリス、9月まではイベント開催できず。10月からの営業再開へ総力

オートスポーツweb 5月30日(月)22時43分配信

 平成28年熊本地震の影響で、コースやパドックビル等に被害を受けた大分県日田市にあるオートポリスは5月30日、今後の営業再開についての案内をホームページに掲載した。

【スーパーGTマシンに貼られたくまモンステッカー】

 阿蘇の山間にあるオートポリスは、平成28年熊本地震の本震の影響でコースにヒビが入ったほか、パドックビル等の施設にもダメージを受け、5月に予定されていたスーパーGT第3戦、さらに9月10~11日に予定されていたスーパーフォーミュラ第5戦、全日本F3第13戦/第14戦も中止が決定していた。

 そんななか、オートポリスは30日に今後の営業再開予定についてアナウンスを発行した。現在、オートポリスでは国際レーシングコース、レイクサイドコース、ジムカーナ場について使用にあたる最低限の設備であるコース、パドックビルの安全検査、復旧工事、コースカメラの修復を急いでおり、10月からの営業再開を目指し総力を上げて作業を進めているという。

 ただ、9月末までのイベント、レースについては「カレンダーどおりの開催ができないと判断いたします」としている。今後のイベント、レースの開催有無については、ホームページ(http://www.autopolis.jp)で告知されるという。

 モータースポーツ界では、スーパーGT第2戦を皮切りにスーパー耐久、全日本F3、スーパーフォーミュラ、GAZOO Racing 86/BRZ Race、さらにはドイツで開催されていたニュルブルクリンク24時間でも、日本チームがくまモンのステッカーをマシンに貼り復興支援の思いを伝えたり、脇阪寿一は『SAVE JAPAN』の活動を通じて、復興支援に取り組んでいる。

 オートポリスの復活は、モータースポーツファン、そして関係者の共通の願いだ。営業再開の日を心待ちにしたい。

[オートスポーツweb ]

最終更新:5月30日(月)22時47分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]