ここから本文です

【Chart insight of insight】同じドラマ主題歌なのに、売れ方が違うのはなぜ? 嵐と安室奈美恵の一騎打ち

Billboard Japan 5月30日(月)11時5分配信

 この時期になると、ようやく4月スタートのドラマ主題歌が出揃い、チャートの上位にもずらっとタイアップ曲が並んでいる。今週がリリース週となった上位2曲もドラマ主題歌だが、チャートの構成を見てみると似ているようで、微妙に違っているのが面白い。

 まず、1位はダントツで嵐の新曲「I seek」(【表1】)。大野智主演のドラマ『世界一難しい恋』の主題歌となっている。それだけに前評判も高く、ドラマがスタートするタイミングの4/4付では、早くもツイッターの指数で首位を獲得している(水色のグラフ)。先週、先々週でもしっかりとベスト10に入っており、ツイッターでの評判は、映像も配信も頑なに行わない嵐にとって非常に重要な要素。今回は単純に売上の勢いが圧倒的ということもあるが、ツイッターにおけるファンの応援も侮れないのだ。

 嵐の後を追って2位につけたのは、安室奈美恵の「Mint」(【表2】)。ドラマ『僕のヤバイ妻』の主題歌となったダンサブルなナンバーだ。この曲もドラマがスタートした時点の4/11付でツイッターの指数が36位まで上昇したが、その後も含めて嵐ほどの盛り上がりは少ない(水色のグラフ)。しかし、その代わりにラジオでのオンエアを着実に伸ばし、今週は堂々の1位となっている(緑のグラフ)。もともと安室の楽曲はラジオ・フレンドリーではあるが、この曲もドラマ・タイアップという後押しも手伝って、ラジオでかけやすいのだろう。嵐とはまた違う売れ方をしているのが面白い。

 ちなみに、同じくドラマ絡みで話題を呼んでいる藤原さくらの「Soup」が、発売前なのに3位ヘ上昇中。この3曲でまた波乱があるのか、注目しておきたい。text by 栗本斉

最終更新:5月30日(月)11時5分

Billboard Japan