ここから本文です

シンガポール出身女性トラックメイカー・et aliae 日本限定デビューEPには京都出身女性アーティスト・Cuusheも参加

Billboard Japan 5月30日(月)20時15分配信

 カナダの音楽プロデューサー/DJのライアン・ヘムズワース(Ryan Hemsworth)、札幌の天才トラックメーカー少女・クリョーン(Qrion)、京都出身でドイツ・ベルリン在住の女性アーティスト・クーシェ(Cuushe)などの流れを受け継ぐ期待のニューカマー、シンガポール出身の若き女性トラックメイカー・et aliaeのデビューEP『Rose』が日本限定でCDリリースされる。

 et aliaeはロンドンでの活動を経たのち、現在は再びシンガポールを拠点に活動している女性ピアニスト/コンポーザー/プロデューサーで、煌めくフューチャー・エレクトロ・ポップとビート・ミュージックのドリーミーなスパイラルが特徴の音楽性は、“ベッドルームトラップ”とも称される。デモ・トラックをオンラインでシェアして行く中、ライアン・ヘムズワースの目にとまり、彼が自ら運営するフリーダウンロード・レーベル、Secret Songsから2014年にリリースされたコンピレーション『ffb6c1』に、正式なファースト・トラック「Baby」が収録。その後はCascineと契約、デビューEP『Rose』をリリースすることになった。

 『Rose』は、レイヤードされたキラキラとしたシンセに小気味良く図太いビートが駆け抜けるメルヘンチックなトラック「Closer Still Closer」(http://y2u.be/52Cnknf4xdc)で幕を開ける。そして注目のR&BアーティストのD△WNをヴォーカルにフィーチャーした「Sober (feat.D△WN)」(http://y2u.be/a5GtG6iWf6k)、寂寥感のある美しいピアノ・フレーズを重ね合わせる中、ビートやエレクロニクスを注ぎ、軽やかな疾走感で引き込んでいく「Heaven」(http://y2u.be/259of8gVDg4)、前述のコンピ『ffb6c1』に収録されていた「Only U」(http://y2u.be/adNV2bacJ5s)、本ドライヴ感のあるシンセとビートが駆け巡る中、時折煌めくフレーズを絡めつつ、程よくアッパーにサウンドを展開していく「Deep Dive」(http://y2u.be/geupjiTO66c)と続く。

 これらのほかに2曲のリミックス、クーシェをヴォーカルにフィーチャーした新曲の計3曲がボーナス・トラックとして収録。CD化は日本のみとなる。



◎『Rose』
2016/06/29 RELEASE
[CD / Digital]1,700円+税 ARTPL-076
※日本のみでCD化
※正方形紙ジャケット仕様
※ボーナス・トラック3曲収録予定
<TRACK LIST>
01. Closer Still Closer
02. Sober (feat.D△WN)
03. Heaven
04. Only U
05. Deep Dive
+3 Bonus Tracks

最終更新:5月30日(月)20時15分

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。