ここから本文です

風間俊介、「夢が叶った感じ」ドラクエ“愛”あふれ過ぎて大興奮

クランクイン! 5月30日(月)20時0分配信

 俳優の風間俊介が30日、日本初の大型オリジナルアリーナショー『ドラゴンクエスト ライブスペクタルツアー』の公開稽古に参加。同ショーでテリーを演じる風間は「ストーリーが好きなのはV、音楽が好きなのはVII、システムが好きなのはIII」と語るなど、ドラクエ愛あふれるトークを展開した。

【関連】『ドラゴンクエスト ライブスペクタルツアー』公開稽古<フォトギャラリー>


 本ツアーは、往年の人気RPG『ドラゴンクエストIII そして伝説へ…』を題材にした観客参加型のエンターテインメントショー。作中にはIからVまでの主人公や人気キャラクターも登場する。今回の公開稽古では、勇者たちがパーティーを組んで戦うアクションシーンなどが公開された。

 勇者を演じる松浦司は「『ゾーマと戦うんだ』という気持ちが皆さんの気持ちとリンクできるように、応援したくなる勇者を稽古で勉強中です」とコメント。また、「現在、フリーでございます」と所属事務所を募集していることを告白して報道陣の笑いを誘った。

 テリー役の風間は、「今まで一度もやったことのないもの、一度も自分自身が見たことをないものを日々作っている実感があります。誰も知らないものを、誰もが知っている『ドラゴンクエスト』という物語の中で作るというコントラストが、毎日刺激的」と充実感を漂わせる。

 ドラクエ用語を使いながらの稽古に、「ゲームの中に入るというのは、全てのゲーマーたちの夢だと思います。それを今、毎日経験させてもらって『あの頃の夢が叶った』という感じ」と喜びを吐露した。

 初めてプレイしたドラクエ作品を問われると、「IIIとIV」と回答。「当時小さくて、親戚のお兄ちゃんやまわりの人がやっているのを見て、やりたくなってプレイしました。ちゃんと自力でクリアしたのはVです。ストーリーが好きなのはV、音楽が好きなのはVII、システムが好きなのはIII。転職、職業システムというものが生まれたのはRPGの中で革命的」と興奮まじりに話し、ドラクエ好きの一端を垣間見せた。

 今回の会見では、本ショーに『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』のビアンカ(演・富田麻帆)やフローラ(演・杉本朝陽)が登場することも情報解禁されている。

 オリジナルアリーナショー『ドラゴンクエスト ライブスペクタルツアー』はさいたまスーパーアリーナにて、7月22日~31日上演予定。その後、福岡、名古屋、大阪、横浜と順次上演。

最終更新:5月30日(月)20時0分

クランクイン!