ここから本文です

ジョニー・デップ、妻への“家庭内暴力”説にヴァネッサ・パラディと娘反発

クランクイン! 5月30日(月)12時20分配信

 結婚15ヵ月で終焉を迎えた俳優ジョニー・デップとアンバー・ハードの離婚劇が泥沼化する様相を呈してきた。アンバーがジョニーから家庭内暴力を振るわれたと主張し、裁判所よりジョニーに接近禁止命令が下りるという状況に発展している。ジョニーの元パートナーで歌手・女優のヴァネッサ・パラディや娘リリー・ローズ・デップはジョニーを擁護し、関係者を交えた攻防戦が繰り広げられている。

【関連】写真で振り返る2015年破局セレブカップル<フォト集>


 アンバーが現地時間23日にジョニーとの離婚を申請したことにより判明したジョニーとアンバーの破局。Us WeeklyやTMZなどの海外メディアによると、アンバーは結婚生活の中でジョニーに繰り返し言葉と暴力による虐待を受けたと主張したという。アンバーが裁判所に提出した写真では、アンバーの頬にアザらしきものがあり、Mail Onlineによると友人である女性はアンバーを擁護する証言をしているという。

 一方、今回の騒動を受けてジョニーの娘リリー・ローズは、ジョニーとの幼い頃の写真を自身のインスタグラムに投稿し、「パパは私が知っている人の中でも最高に優しくて愛情深い人よ。弟と私にとって素晴らしい父親以外の何者でもない。パパを知っている人はみな同じ思いよ」と綴り、ジョニーを擁護した。
 
 ジョニーとは14年間の事実婚だったヴァネッサは、TMZを通じて直筆の手紙を公開した。「彼は繊細で愛情深く、また愛されている人です。私は彼に対する最近の申し立てが、あり得ない話であると心から信じています」と綴り、ジョニーが自分に暴力を振るったことは一度もないと断言している。

 英紙The Sunなどは、ジョニーがバイセクシャルのアンバーと、モデル・女優のカーラ・デルヴィーニュの浮気を疑ったと伝えたが、婚前契約のないジョニーとアンバー。浮気や家庭内暴力の有無が離婚における財産分与や慰謝料などにも大きく影響することから、2人の離婚がスムーズに進むことは難しそうだ。

最終更新:5月30日(月)12時33分

クランクイン!