ここから本文です

『キングスマン2』、オスカー俳優ジェフ・ブリッジスが出演

クランクイン! 5月30日(月)14時5分配信

 チャニング・テイタムやハル・ベリー、ジュリアン・ムーア、エルトン・ジョンなど魅力的なスター陣が新キャストに加わるヒット・スパイ映画『キングスマン』続編『Kingsman: The Golden Circle(原題)』に、オスカー俳優ジェフ・ブリッジスが出演することが明らかになった。

【関連】前作『キングスマン』フォトギャラリー


 ジェフはエルトンやチャニングと同じように、続編のタイトルと役柄に合わせた一文が入ったビジュアルを自身のツイッターに投稿し出演を発表した。ビジュアルには「俺を揺すぶってもいいゴールデンサークルは、机の上のグラスに残っているものだけだ」とうゴールドの文字と、アルコールの入ったグラスがある。

 ジェフが演じる役柄は不明。悪役を演じると伝えられているジュリアンとは、1998年の『ビッグ・リボウスキ』以来の共演となる。

 1作目のエンディングから話が続くという『Kingsman: The Golden Circle(原題)』。引き続きマシュー・ヴォーン監督メガホンで、タロン・エガートン扮するゲイリー・“エグジー”・アンウィンがマーク・ストロング扮する指導教官マーリンと共にアメリカに渡り、アメリカの諜報機関“ステイツマン”と新たな事件の解決に乗り出す姿を描くという。死んだと思われたハリー・ハート(コリン・ファース)も復活することが予想されている。

最終更新:5月30日(月)14時5分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。