ここから本文です

『ウォーキング・デッド』N・リーダス、新シーズンは「地球が爆発するほどの衝撃」

クランクイン! 5月30日(月)17時30分配信

 ゾンビ・アポカリプスが起きたアメリカで生死をかけたサバイバルを繰り広げる人々の姿を描く人気海外ドラマ『ウォーキング・デッド』。シーズン6の最終話がシーズン7に続く形で終わるクリフハンガーとなりファンを騒然とさせたが、ダリル役で出演する俳優ノーマン・リーダスいわく、シーズン7の第1話は「地球が爆発する」ほどの衝撃的な内容らしい。

【関連】『ウォーキング・デッド』フォトギャラリー


 シリーズ史上、最凶悪のキャラクターと恐れられるニーガン(ジェフリー・ディーン・モーガン)が登場したシーズン6最終話。ニーガンが有刺鉄線を巻きつけた野球バットで、主要キャラクターの誰かを殺したように見えた形で終わり、ファンが騒然となった。原作コミックでは誰が殺されるのかが判明しているが、必ずしも原作通りに展開しないのがドラマの世界だ。

 原作には登場しないキャラクターのダリル役で絶大な人気を誇るノーマンは、10月の放送まで待てない人々から数え切れないほど誰が死んだのか尋ねられたという。Entertainment Weeklyとのインタビューでは、「みんながその話で持ちきりなのは、あのエピソードの構成、演技、脚本に対する大きな賛辞と受け止めている。いいことだよね」と喜んでいる。既にシーズン7の撮影が始まっており、「地球が爆発するんじゃないかな。そう思えるくらい素晴らしい出来だよ。プロモーションで各地を巡り、次に何が起きるかについて“ほんと、凄いんだ。みんなに見せるのが待ち遠しいよ”とよく言うけど、このドラマが進化して出来上がっていく姿に常に驚かされている」と、今後の展開に太鼓判を押している。

 何が起きるか、誰が犠牲になるのか、もちろん言えはしないが、ノーマンは「毎回、新たな高みに行き着くが、今回のはかつてないほどの高みだよ。だから辛抱して。待つだけの甲斐がある。信じてくれ」と語ったという。

最終更新:5月30日(月)17時30分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。