ここから本文です

ロッテ対ソフトバンクの3連戦で感じた“両者の差”

ベースボールキング 5月30日(月)6時30分配信

 交流戦前最後のパ・リーグ公式戦、首位ソフトバンクを3ゲーム差で追いかけてる2位のロッテは、本拠地QVCマリンでソフトバンクとの3連戦に臨んだ。ゲーム差を少しでも縮めて交流戦に入りたかったロッテだったが、まさかの3連敗。ゲーム差を「6」に広がった。

 この3連戦の焦点の1つは、ソフトバンクの強力打線に立ち向かうロッテ先発陣という構図。ロッテはエース・涌井秀章を筆頭に、スタンリッジ、唐川侑己が先発し、ソフトバンクは東浜巨、千賀滉大、武田翔太の若手3投手を送り込んだ。

 ロッテは、初戦の涌井で星を取れなかったのが誤算だった。涌井は9回を投げて7安打1失点と、エースとしての役割を果たした。しかし、打線が援護することできずに完封負け。気持ちを入れ替えて臨んだ2戦目は、スタンリッジが立ち上がりに乱れ、今季最短の2回6失点でノックアウト。翌29日に一軍登録を抹消された。

 伊東勤監督が28日の試合後、「2つやられましたから、明日(29日)は絶対に取らないといけない。良いピッチャー(武田)がでてくるので、先に点を取られないようになんとか頑張ってほしいです」と託した3戦目の唐川も立ち上がりに乱れ、2回までに3失点、試合を作ることができずに4回で降板した。

 一方の、ソフトバンクは先発全員がきちんと役目を果たす。初戦の東浜は、8回を無失点に抑え、守護神サファテとの完封リレー。2戦目の千賀も7安打を許しながら要所を締め、7回まで力投を見せた。

 そして3戦目。唐川が序盤にベンチに下がるのを横目に、先発の武田は4点を失いながらも7回途中まで投げ抜いた。

 ソフトバンクの先発陣が3試合すべてで6イニング以上を投げたのに対し、ロッテは涌井だけが6イニング以上を投げた。結局のところ、“先発の差”が“1位と2位の差”に繋がっていることを実感した3連戦だった。

 先発がきちんと試合を作り、最後には絶対的守護神サファテがいるソフトバンク。先発が序盤で崩れても、中継ぎ陣による細かな継投で接戦に持ち込み、試合終盤に逆転勝ちすることの多いロッテ。この差を縮めるには、ロッテ先発陣の奮起が必要不可欠と言えるだろう。やはり涌井や石川に続く先発の軸が必要であり、大嶺や唐川といった中堅どころに加え、二木康太や関谷亮太といった若手の台頭にも期待がかかる。

BASEBALL KING

最終更新:5月30日(月)6時30分

ベースボールキング

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]