ここから本文です

石川の海岸、一斉清掃 3市1町で7000人超

北國新聞社 5月30日(月)3時6分配信

 海岸愛護運動「クリーン・ビーチいしかわ」(同実行委員会主催、北國新聞社特別協賛)の県内一斉清掃は29日、金沢市、白山市、羽咋市、能登町で行われ、計7320人が美しい海を願ってごみ拾いに精を出した。金沢市子ども会連合会は初の漂着物調査も行い、ハングル文字が書かれた洗剤の容器などを確認した。

 金沢市内の5会場では、5124人がペットボトルや空き缶、プラスチック片など約15トンを回収した。白山市の徳光海岸では1516人、羽咋市の柴垣海岸では30人、能登町の3会場では650人が参加した。

 金沢市の健民海浜公園前の浜辺で開会式が行われ、実行委の山本与志雄会長、中田峰示(たかみ)県農林水産部長、佐久間悟市環境局長があいさつし、市子ども会連合会の正木明会長が開始宣言した。

北國新聞社

最終更新:5月30日(月)3時6分

北國新聞社