ここから本文です

朱色の実り丸々 JA金沢市が打木赤皮甘栗かぼちゃを初出荷

北國新聞社 5月30日(月)16時30分配信

 加賀野菜の一つ「打木赤皮甘栗(うつぎあかがわあまぐり)かぼちゃ」の初出荷が30日、金沢市下安原町のJA金沢市砂丘地集出荷場で行われ、丸々と朱色に色づいた290玉が箱詰めされた。31日に同市中央卸売市場で競りに掛けられ、同日中に近江町市場やスーパーの店頭に並ぶ。

 今年は天候に恵まれ、昨年より6日早く初出荷を迎えた。JA金沢市によると、実が詰まって色づきもよく、煮物のほかスープやスイーツの材料としても最適という。

 7月中旬から8月上旬に出荷のピークを迎え、出荷量は5キロ箱で約3500ケースを見込む。

北國新聞社

最終更新:5月30日(月)16時30分

北國新聞社