ここから本文です

[総体]PK戦でファイナル切符逃すも、静岡城北は初の準決勝で印象的な戦い

ゲキサカ 5月30日(月)1時10分配信

[5.29 総体静岡県予選準決勝 浜松開誠館高 0-0(PK6-5)静岡城北高 アイスタ]

 初の決勝切符は掌からこぼれ落ちた。2回戦で前回優勝の清水桜が丘高を破り、準々決勝で東部地区1位の富士市立高を下すなど創部初のベスト4進出を果たした静岡城北高は0-0で突入したPK戦で4人連続成功。決めれば勝利の決まる5人目、好守を見せ続けたCB鈴木雄大(3年)が左足を振りぬいたが、ゴール右へ外れてしまう。そして7人目、交代出場で思い切りの良いプレーを見せていたMF吉田匠臣(3年)のシュートが枠を外れた瞬間、敗退が決まった。

 勝利目前から涙の敗戦。力なくスタンドへ向かうイレブンを控え部員や同級生たちは総立ちで迎え、印象的な戦いを見せたチームに惜しみない拍手を送っていた。相手の10番MF今泉富(3年)が「心折れそうになるくらいバチバチ来ていた」と振り返ったように、プリンスリーグ東海勢の“格上”浜松開誠館相手に必死に食い下がり、球際で戦い続けて無失点。そして終盤は10番FW久保田蓮(3年)が勝利への強いを感じさせるような勇気ある突破を連発した。だが、後半37分に俊足FW青山恭輔(3年)が迎えた決定機など少ないチャンスを決めきることができず。PK戦で涙をのんだ。

 櫻井浩之監督は「もうちょっと繋いで、ウチなりの攻撃ができないと。もうちょっと落ち着いて周りを見てほしい」。静岡城北は中盤に起点を作ってからカウンターを繰り出していたものの、相手のプレスの前に慌ててしまう場面が少なくなかった。後半立ち上がりはボールをしっかり繋ぐシーンもあったが、もう一段階上に行くためには精度の部分などを突き詰めて行かなければならない。

 群雄割拠の静岡予選でコンスタントにベスト8、ベスト4まで勝ち上がることは簡単ではない。だが「8つか、4つを続けて取ればチャンスは生まれる」と指揮官も語ったように、今大会を盛り上げた新鋭は上位常連となる力を身につける。

[写真]静岡城北の10番、久保田は終盤に思い切った仕掛けを連発

最終更新:5月30日(月)7時1分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]