ここから本文です

[MOM1784]静岡学園GK山ノ井拓己(3年)_後半ATから出場のJ注目GK、“さすが”の存在感でPK勝利導く

ゲキサカ 5月30日(月)8時3分配信

[高校サッカー・マン・オブ・ザ・マッチ]
[5.29 総体静岡県予選準決勝 飛龍高 0-0(PK4-5)静岡学園高 アイスタ]

 “主役”はアディショナルタイム突入後の後半41分からピッチに立った。そして期待通りにPK戦で勝負強さを発揮。静岡学園高を決勝へ導いた。

 静岡学園はこの日、1年時から先発を務めるJ注目の日本高校選抜候補GK山ノ井拓己(3年)ではなく、G大阪ジュニアユース出身のGK田原智司(3年)を先発起用。コーチングや技術面などを特長とするもうひとりの実力派GK田原とのローテーション起用をすることによってGK同士が競争し、より高め合う狙いがあるが、その中で田原は期待通りの安定したパフォーマンスを見せて無失点で山ノ井に決勝進出の希望を託した。
 
 後半半ば過ぎから準備を始めた山ノ井はPK戦で5人目のキックを左へ跳んでセーブ。「(チームメートにゆとりを持たせるために)もっと早く止めたかった」と首を振ったが、止めたあとも集中力を切らさない。味方が失敗して6人目に突入しても、平常心を保ったままゴールマウスの前に立ち、その存在感で相手6人目のキックを外させた。そのGKについて川口修監督も賞賛。「(一番良かったのは)やっぱり山ノ井。存在感を出していた」

 田原との競争は1年生チームにいた頃から熾烈。ハイレベルなライバルの存在に重圧も感じていた。だが「ライバルだけど意識し過ぎない。田原を意識しすぎてもボクのプレーが良くなるわけではない」と自分自身が成長することに集中。互いに認め合って高め合うことで成長のスピードを加速させている。そしてこの日は1年時から高く評価されてきた勝負強さを発揮。ピッチに立ったのはわずかな時間だけだったが、“さすが”の存在感でその力もしっかりと実証してチームを決勝へ導いた。

「夏の全国に行ったことがない。スカウトに多く見てもらう機会。決勝は自分が出て、優勝して全国へ行きたい」。今年のU-19日本代表入りを目標に掲げる山ノ井だが、2月の日本高校選抜候補合宿をインフルエンザで辞退し、アピールのチャンスを逃している。それだけに何が何でも全国舞台に立ち、全国で勝つことで必ず自身の存在を印象づける。 

最終更新:5月30日(月)8時3分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]