ここから本文です

ベントレー GTスピードのエンジンを改良

carview! 5月30日(月)10時14分配信

イギリスの高級車ブランド ベントレーは26日、コンチネンタルシリーズの「GTスピード」に改良を加え、米ニューヨークシティで発表した。今回発表されたのは、2017年モデルとして販売される「GTスピード」「GTスピード ブラックエディション」「GTスピード コンバーチブル」「GTスピード コンバーチブル ブラックエディション」の4モデル。

【コンチネンタルGTの写真をもっと見る(7枚)】

2017年モデルでは、6リッターW12ツインターボエンジンが改良され、最高出力が635psから642psに向上。最大トルクも20Nm増の840Nmへと向上し、2000rpmから5000rpmの広範囲にわたり発揮し続ける。その結果、0-100km/h加速は4.1秒を達成する。

2017年モデル コンチネンタルGTスピードは26日より全米のディーラーで販売が開始される。価格は「GTスピード」の24万0300ドル(2667万円/1ドル111円換算)から「GTスピード コンバーチブル ブラックエディション」の27万7235ドル(同3077万円)まで。

株式会社カービュー

最終更新:5月30日(月)11時24分

carview!