ここから本文です

市場心理はまるで「美人投票」地道な研究と余裕が大切J.M.ケインズ(中)

THE PAGE 6/4(土) 11:00配信 (有料記事)

 経済学者として名高いJ.M.ケインズですが、投機への傾倒は相当なもので、注意喚起にも耳を貸さなかったと、同じく経済学者である、弟子のロイ・ハロッドも語っています。それほどまでにケインズを魅了した投機の背景にはどのような考えがあったのでしょうか? ケインズは独自の市場心理と投資家心理の重要性を説き、実践しながら投機に熱中する一方で、現在も財政に欠かすことのできない経済理論の数々を打ち立てていきます。巨万の富を築く一方、借金をしてまで投機にのめり込むケインズの姿を市場経済研究所の鍋島高明さんが解説していきます。本文:4,419文字 この記事の続きをお読みいただくには、THE PAGE プラスの購入が必要です。

  • 通常価格:
    648円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    540円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

最終更新:8/19(金) 18:56

THE PAGE