ここから本文です

<動画>共演者からも「誰?」三太郎“隠れキャラ”の一寸法師は前野朋哉

まんたんウェブ 5月31日(火)22時9分配信

MANTAN

 俳優の前野朋哉さんが、auのテレビCM「三太郎」シリーズで“隠れキャラ”として話題となっている一寸法師を演じることが5月31日、わかった。この日、東京都内で「au発表会 2016 Summer ~CHANGE!~」が開催され、“一寸法師”姿の前野さんのほか、桃太郎役の松田翔太さん、金太郎役の濱田岳さん、乙姫役の菜々緒さんも登場した。

【動画】“隠れキャラ”の一寸法師が登場!新CM公開

 前野さんは1986年1月生まれ。岡山県倉敷市出身。石井裕也監督作品「剥き出しにっぽん」に照明助手兼俳優として参加したのを機会に映画監督を志すが、出てくれる俳優がおらず、自ら主演を演じた監督作「脚の生えたおたまじゃくし」でゆうばり国際ファンタスティック映画祭2010審査員特別賞&シネガー賞W受賞。以後、監督と俳優を並行して活動。映画「桐島、部活やめるってよ」(12年)、朝ドラ「マッサン」(14年)、放送中のドラマ「重版出来!」に出演、映画「秘密 THE TOP SECRET」(8月6日)、主演映画「エミアビのはじまりとはじまり」(9月3日)の公開を控えている。

 発表会では一寸法師が登場する新CMがお披露目された。新CMは「大きく、変わります」がテーマで、桃太郎の家の庭にいたところ、何でも大きくなる花咲じいさん自慢の灰がたまたま掛かり、大きくなってしまった一寸法師が、桃太郎や浦島太郎(桐谷健太さん)、金太郎、かぐや姫(有村架純さん)から「誰?」と言われてしまう……という内容。6月1日から放送。

 CMのお披露目が終わり、ステージにかっこよく登場した前野さんだったが、先に登壇していた松田さんや濱田さんたちから「誰?」という声が上がるなど、CMと同じようにいじられ、困惑。今回のCM出演について、「(これまでの)CMは見てましたし、皆さん、すごく個性的なキャラクターで楽しみにしていた。僕は、僕なりに一寸法師を探りながら演じることができた」と振り返るも、司会からメンバーと目が合っていないと指摘されると、「目を合わせてくれない」と冗談めかして語り、笑いを誘った。

 「三太郎」シリーズは、松田翔太さん演じる桃太郎、桐谷健太さん演じる浦島太郎、濱田岳さん演じる金太郎の“三太郎”に加え、有村架純さんが“かぐちゃん”ことかぐや姫、菜々緒さんが“乙ちゃん”こと乙姫、菅田将暉さんが“鬼ちゃん”こと鬼として登場。毎回コミカルなストーリーを繰り広げ人気を集めている。

最終更新:5月31日(火)22時9分

まんたんウェブ