ここから本文です

金に困って暴力団から借金していた清原被告

リアルライブ 5月31日(火)11時47分配信

 31日に東京地裁で開かれる判決公判で、執行猶予付きの判決が下される見込みの覚せい剤取締法違反の罪に問われた元プロ野球選手の清原和博被告だが、金策に困り果て暴力団から借金をしていたことを、発売中の「フラッシュ」(光文社)が報じている。

 同誌は清原被告と、清原被告の元タニマチだった会社社長との間で昨年1月に交わされたメールのやりとりを掲載。その社長によると、当時、清原被告は薬物疑惑が報道されたため仕事が激減。さらに、モデルの清原亜希と離婚したこともあって金策に困り果て、当時所有していた高級車を担保に、六代目山口組の主流派組織である弘道会(本部・名古屋)の関係者から1500万円を借り、滞納していたいろいろな支払いにあてたという。

 清原被告はその関係者から再三にわたって借金返済を迫られ、会社社長に500万円を早く返してほしいと迫る生々しいやりとりが掲載。さらには、清原被告が父親に覚せい剤使用を打ち明けたことや、覚せい剤の誘惑が襲ってくることも会社社長に打ち明けていたのだ。

 「メールで清原は『名古屋に借金した』とか、覚せい剤のことを『シャンパン』と呼ぶなど、すっかりその道の人と同じような言葉遣い。繁華街では『名古屋』がバックについていることを堂々と言い触らしていた。父親に覚せい剤使用を打ち明けたところで、体調不良の父親では清原を更生させることはできず、結局、覚せい剤をやめられず逮捕されてしまった」(週刊誌記者)

 清原被告に対し17日の初公判で検察側は懲役2年6月を求刑。覚せい剤事件の初犯は執行猶予付き判決となるのが一般的。しかし、初公判で、清原被告自ら、より厳しい保護観察付きを求め、更生に向けての固い決意をうかがわせたというが…。

 果たして、今後、誰が清原被告に“救いの手”を差し伸べて更生をサポートするのだろうか。

最終更新:5月31日(火)11時47分

リアルライブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。