ここから本文です

<速報>中日のドラ1小笠原が5回1安打1失点の圧巻デビュー!

THE PAGE 5月31日(火)21時20分配信

 中日の小笠原慎之介(18)が31日、ヤフオクドームで行われた交流戦開幕のソフトバンク戦にプロ初登板、初先発。5回を投げて7四球と荒れたが、重いストレートの球威と、チェンジアップのコンビネーションが冴えて、打たれたヒットは今宮に打たれたタイムリーの1本だけ。4つの三振を奪いそのポテンシャルを示し、勝利投手の権利を持ったままマウンドを降りた。4番手の福谷が、8回二死から6連打を浴びて、2-5と逆転を許して、中日では29年ぶりとなる高卒ルーキーの初先発初勝利の記録は消えてしまった。
   

 昨夏の甲子園優勝投手が逞しくなって、初めてのプロのマウンドに上がる。

 しかも、相手は、最強ソフトバンク打線。「打たれて元々。怖がらず力を出せ」。谷繁監督に大抜擢を受けた小笠原は、圧巻の立ち上がりを見せた。先頭の牧原を最速146キロのストレートで威圧してカウントを整えると、最後はチェンジアップで空を切らせた。制球を重んじてセットポジションからのピッチングだが、迫力満点。続く、今宮はストレートを詰まらせて三塁フライ。

 「抑えたい」と対戦を心待ちにしていたトリプルスリー、柳田に対しても追い込んでおいて最後は、チェンジアップ。昨年の交流戦MVPのバットは大きく離れて空を切った。

 二回は、4番の内川に145キロの見せ球のストレート。高めの空振りを誘うボールに球界屈指の好打者も三振に倒れ、一死から長谷川を歩かせたが、松田を迎えて、キャッチャーのサインに首を振って、チェンジアップを選択してタイミングを外してセンターフライ。中村もファーストゴロに打ち取りリズムを崩さない。

 ルーキー離れしていると言ったほうがいいだろうか。

 沖縄キャンプでは、「6割の力」で146キロをマークした。小笠原の初ブルペンを見た中日の元名捕手、木俣達彦氏が、「高卒でも、すぐに使える。左で、これだけのピッチャーは今中慎二以来だろう。スピードがありボールも重たい。球質は、小松辰雄に似ている」と、中日の歴代エースの名前を挙げて大絶賛していた。左肘にネズミと呼ばれる遊離軟骨があるため、無理せず開幕は2軍スタートとなり、ファームでは6試合26回3分の1を投げて0勝2敗、防御率5.47の数字。ただ三振は22個を奪っており、谷繁監督は交流戦の開幕戦に、そのポテンシャルを買って大抜擢した。

 三回には先頭の吉村を四球で歩かせて、バントで二塁へ送られ、一死はとったが、今宮には少し浮いたチェンジアップをうまくセンターへ運ばれ同点のタイムリーを許してしまった。さらに柳田にも四球。ピンチを広げたが、内川はショートゴロに抑えこんだ。

1/2ページ

最終更新:5月31日(火)21時49分

THE PAGE

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]