ここから本文です

一寸法師が実寸サイズで初登場!? auのテレビCM“三太郎シリーズ”最新作“一寸法師、登場”篇が公開

ファミ通.com 5月31日(火)14時25分配信

●一寸法師の正体がついに明らかに
 KDDIは、auのテレビCM“三太郎シリーズ”最新作“一寸法師、登場”篇を2016年6月1日より、全国で放映開始することを発表した。今回公開された新CMでは、これまでに放送された“三太郎シリーズ”のCMに隠れていると話題を呼んでいた一寸法師がついに実寸サイズで登場する。

 以下、リリースより。

----------

話題の一寸法師が“実寸”サイズに”大きく変わって”ついに初登場!!
でもなんかちょっとアレ…!? イメージも“大きく変わる”…!?
au三太郎シリーズ 夏の新CM 「一寸法師、登場」篇
2016年6月1日(水)よりOA開始

 KDDI、沖縄セルラーは、「大きく、変わります」をテーマとした、auのTVCM“三太郎シリーズ”最新作 「一寸法師、登場」篇を全国で放映開始します。

 新CMでは、新キャラクターとして背丈一寸の小さな英雄「一寸法師(前野朋哉さん)」が登場。桃太郎(松田翔太さん)の家の庭にいたところ、何でも大きくなる(成長させる)花咲爺さん自慢の灰がたまたま掛かってしまい、念願の(?)実寸サイズで姿を現します。浦島太郎(桐谷健太さん)、金太郎(濱田岳さん)とかぐや姫(有村架純さん)は一寸法師を前にして、「誰?」と終始つれない態度を取ります。一寸法師はずっと前から三太郎たちと一緒にいましたが、体が小さ過ぎて誰からも見えていなかったのでした。劇中に流れる「竜宮城ぷるぷる」篇、「鬼と鬼嫁」篇などの回想シーンによって、一寸法師がみんなと同じ場所にいたことは証明されるものの、何より目を引くのが、おとぎ話の美少年のイメージには程遠い、独特のキャラクター。態度がデカイ割に気が小さく、お調子者で、自分のことをイケメンと勘違いしている一寸法師と、三太郎、かぐや姫のコミカルな掛け合いは必見です。

 一寸法師のサイズもイメージも“大きく変わる”この新CMを皮切りに、この夏auは「大きく、変わります。」今後の展開にみなさまどうぞご期待ください。

【CMストーリー】
 庭でくつろぐ三太郎に、「ねぇ、これ花じいからもらったの!」と灰の入った入れ物を持って来たかぐや姫。「あー! 何でも大きくなる灰だ!」と、浦島太郎が花咲爺さんを真似て、「どぉーん!」と金太郎に灰を投げつけます。間一髪、灰を避けた金太郎。ところが灰が落ちた地面から突然煙が舞い上がり、一寸法師が姿を現します。「誰?」と訊ねる桃太郎に「俺、一寸法師! お待たせ!」とクールに挨拶します。戸惑う三太郎たちに駆け寄り、「かぐちゃん!」「浦ちゃん!」と一寸法師が名前を呼ぶと、「俺らの事知ってんの?」と驚く浦島太郎。「なんでも知ってるよ! だってずっと一緒にいたじゃん」と、過去の回想シーンに移ります。するとそこにはカメラ目線でニヤリとポーズを決めている一寸法師の姿が。どこか腑に落ちない桃太郎は「美少年じゃないの?」と問いますが、一寸法師は「そう! 美少年!」と自信たっぷりに答えます。その様子を見て言葉を詰まらせた三太郎は、「で、誰?」とまた尋ねますが、一寸法師は「もういいよ~。かぐちゃんお茶出して!」と、強気な態度を取ります。しかし、「おい!」と鬼嫁が炸裂すると、途端に腰を低くして謝る一寸法師の姿に、「態度はデカいのに気は小さい」(金太郎)「華が無いよね」(桃太郎)「イメージ変わっちゃうね…」(浦島太郎)と、一寸法師の風貌に納得が行かない様子。それを受けて、「どんどん変えてこ! チェンジ!」と、三太郎をクールに指差す一寸法師の姿に「大きく、変わります。」とメッセージが入ります。一寸法師の愉快なキャラクターに、思わず笑みを浮かべる桃太郎と金太郎ですが、冷めた目線のかぐや姫は「で、誰?」と、また訊ねます。それに対して、コミカルな振りをまじえて「一寸! 一寸! 僕アイドル!」と踊りだしますが、「アイドル感はないよね」とバッサリ切り捨てた桃太郎でした。

 新CMはスペシャルサイト、ならびにau公式YouTubeチャンネルにてご覧いただけます。

※スペシャルサイト(PC)
※スペシャルサイト(スマートフォン)
※YouTube公式チャンネル

■新CM概要 「一寸法師、登場」篇
【撮影エピソード】
 今回はついに新キャラ「一寸法師」が登場。スタジオに到着された一寸法師役の前野さんはすごく緊張されていましたが、現場に入るとすぐに三太郎メンバーと意気投合。気づけば現場はアドリブ合戦になり、笑いの絶えない現場でした。ラストの部分は特にアドリブ満載で、独自の“一寸ダンス”にはスタッフ一同圧倒されつつも、みんな笑いをこらえるのに必死でした。桃ちゃんと浦ちゃんが噴出したり、金ちゃんが笑いを我慢して肩を震わせていたり一寸が踊りすぎて思わず「ちょっと、汗かいた!」と言っているのは全て”素のリアクション”です。三太郎&かぐや姫VS一寸法師と4対1の対戦にも前野さんは臆することなく次々にアドリブで対抗、今後の展開が楽しみです。

【前野朋哉さんプロフィール】
サイズ:168cm
生年月日:1986年1月14日
出身地:岡山県
血液型:B型

 石井裕也監督作品『剥き出しにっぽん』に照明助手兼俳優として参加を機会に、映画監督を志すが、出てくれる俳優がおらず、自ら主演を演じた監督作『脚の生えたおたまじゃくし』でゆうばり国際ファンタスティック映画祭2010審査員特別賞&シネガー賞W受賞。以後、監督と俳優を並行して活動。2016年ドラマ『重版出来!』やドラマ『石川五右衛門』などに出演、映画『秘密 THE TOP SECRET』(8月6日)、主演映画『エミアビのはじまりとはじまり』(9月3日)の公開を控えている。

<過去出演作>
・映画
『桐島、部活やめるってよ』(12)
『大人ドロップ』(14)
『青天の霹靂』(14)、
『鬼灯さん家のアネキ』(14)
『ぶどうのなみだ』(14)
『日々ロック』(14)
『娚の一生』(15)
『イニシエーション・ラブ』(15)など。

・TVドラマ
TBS「空飛ぶ広報室」(13)
NHK「マッサン」(14)
CX「恋仲」(15)など。

最終更新:5月31日(火)14時25分

ファミ通.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。