ここから本文です

俳優キム・ジェウォン、「聴覚障害者協会」広報大使に委嘱

WoW!Korea 5月31日(火)9時55分配信

韓国俳優キム・ジェウォン(34)が、ことしで創立70周年を迎える韓国聴覚障害者協会の広報大使に委嘱された心境を明かした。

キム・ジェウォンのプロフィールと写真

 1946年、朝鮮聴覚障害者協会としてスタートした韓国聴覚障害者協会は70周年を迎える現在まで聴覚障害者らの啓蒙化、社会の認識改善など多様な活動を展開し、聴覚障害者らを代弁する代表機関として地位を築いてきた。

 来る2日、創立70周年を迎える韓国聴覚障害者協会は、70年の歴史を再照明し、さらに社会へ広めるために記念行事をおこない、同時に俳優キム・ジェウォンを広報大使として任命する。

 この決定にキム・ジェウォンは「韓国聴覚障害者協会の創立70周年を心から祝福します。僕のファンクラブ会員にも聴覚障害者の方がおり、ファンミーティングで会う際、手話通訳をしてくださる方と一緒に会話をしています。今回、このような意味深い席に招待いただき、とてもうれしいです。広報大使となっただけに、周辺へ聴覚障害について広めながら、僕自身もさらに学んでいきます」と心境を伝えた。

 なお、キム・ジェウォンは出演ドラマ「私の心が聞こえる? 」で聴覚障害を隠して生きる男性役を熱演していた。

最終更新:5月31日(火)9時55分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。