ここから本文です

サムスン電子、コインより小さいメモリーに512GB保存…世界最小・最軽量SSD発売

WoW!Korea 5月31日(火)11時50分配信

サムスン電子は31日、重さ1グラム、大きさ2センチメートルにも満たないながら、容量512GBに達する世界最小・最軽量のSSDを発売したことを明かした。

 「512GB BGA NVMe SSD」は一つのパッケージにNAND型フラッシュ、DRAM、コントローラーを搭載した製品だ。6.35センチ(2.5インチ)HDDと比較すると100分の1水準だ。

 サムスン電子は2013年ウルトラノートブック用「M.2 NVMe SSD」ラインナップを発売し、それから3年で面積を5分の1に減らしたBGAフォームファクタ基盤超小型SSDラインナップをリリースすることになった。サムスン電子はグローバルIT企業に今回の「BGA NVMe SSD」ラインナップを供給する。

 「512GB BGA NVMe SSD」は第3世代(48段)256Gb V NANDチップ16個と高性能コントローラー、20ナノ4Gb LPDDR4DRAMなど18の半導体を一つのパッケージに搭載し、重さを1グラムで実現した。大きさは横2センチメートル、縦1.6センチメートル、厚さ1.5ミリメートルで100ウォン玉より小さい。

 特に、連続読み取り速度は既存のSSDより3倍速い秒当たり1500MBであり、Turbo Write技術を適用し、書き込み速度も秒当たり900MBに達する。高解像度Full HD級映画1編(5GB)を約3秒で伝送して、約6秒で保存することが可能な速度だ。

 イ・ジョンベサムスン電子メモリー事業部商品企画チーム専務は「BGA NVMe SSDは超高速ながらも、最も小さいフォームファクタで512GB容量を提供し、次世代PCのデザイン柔軟性がより一層高まった」とし、「今後、グローバルIT企業等はさらに薄くてスタイリッシュな革新的PCを発売できるだろう」と強調した。

最終更新:5月31日(火)11時50分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。