ここから本文です

元妻やパートナーらがジョニデの人柄を証言!

Movie Walker 5月31日(火)14時5分配信

アンバー・ハードから、家庭内暴力を理由に離婚を突き付けられてしまったジョニー・デップ。次々に出てくる赤裸々な証言でイメージ台なしのピンチに陥っているが、元妻やパートナーがそんな状況に待ったをかけた。

【写真を見る】来日時に集まったファンに駆け寄り、丁寧にファンサービスをするジョニー

最初にDV疑惑に疑問を呈したのは、1983年から2年にわたってジョニーと結婚していたロリ・アン・アリソンだ。

30年以上も前に離婚しているにもかかわらず、現在も友人関係にあるというロリは、友人らに「彼は優しい人で、人を傷つけるようなことをするなんて考えられないわ。女性に手を上げるような男性ではありません。暴力はおろか、怒鳴られたことなど一度もなかったわ」「私たちも犬を飼っていたけれど、親が子どもを可愛がる以上に溺愛していたし、動物を傷つけるようなことだってしていないわ」と話したという。

また1998年から2012年まで事実婚を続け、アンバーの存在が原因で破局したと言われている元パートナーのヴァネッサ・パラディも、「ジョニーは、繊細で愛情あふれる愛すべき人間です。(アンバーの)申し立ては、あまりにひどすぎます。長い間過ごした日々の中で、肉体的な虐待を受けたことなど一度もありません。私が14年間素晴らしい時を過ごしてきた男性と同一人物とは思えません」という内容の手紙を書いてジョニーを擁護しており、直筆の手紙をTMZ.COMが掲載している。

このように周囲の女性から愛されているジョニーだが、周囲の反応はいささか冷ややかだ。

「ジョニーがこんなことをするわけがない!」「彼は本当にやさしい人だと思う」とアンバーの作り話疑惑が消えない一方で、「敏腕離婚弁護士に依頼されたね」「ロリが結婚していたのは30年も前。人は変わるよ」「アルコールやドラッグは、常習化すれば症状も変わってくるのでは?」「ヴァネッサはわざわざ『肉体的な虐待はなかった』って言ってるから、言葉の虐待はあったのかも」「23歳も年下の美人と結婚したら、今までみたいに余裕ではいられない」「ヴァネッサは、娘のリリー(17)や息子のジャック(14)を守るためならなんでもするよ」「リリーはモデルや女優として本格デビューを果たしたタイミングだから、ヴァネッサも必死なのでは」「ヴァネッサは莫大な資産をもらったけど、まだまだ子どもたちにもお金がかかるし、ジョニーが貧乏になったり稼げなくなったりすると困るよね」といった声が寄せられている。【NY在住/JUNKO】

最終更新:5月31日(火)14時5分

Movie Walker

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。