ここから本文です

金正恩氏側近が北京到着 4回目核実験後初の高官訪中

聯合ニュース 5月31日(火)13時2分配信

【東京、北京聯合ニュース】北朝鮮の李洙ヨン(リ・スヨン)朝鮮労働党副委員長が31日、大規模代表団を率いて中国・北京を急きょ訪問した。今年1月の4回目核実験以降、北朝鮮の高官が訪中するのは今回が初めて。


 李氏一行を乗せた北朝鮮の高麗航空機は同日午前、平壌を出発し午前9時50分(日本時間同10時50分)ごろ、北京の空港に到着した。
 一行は午前10時20分ごろ、中国と北朝鮮大使館側が用意したとみられる車両約10台と小型バスに乗り込み北京市内に向かった。中国政府は武装警察とパトカーで警護した。
 金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の側近である李氏が訪中したことで、中国と北朝鮮の間で交わされる話の内容や、今回の訪中が中朝関係に及ぼす影響が注目される。
 前外相の李氏は今月上旬に行われた第7回党大会で党政務局の副委員長と政治局委員に任命された。
 李氏は金党委員長がスイスに留学した際に後見人を務めた人物で、一部では金党委員長の特使として訪中したのではないかという観測も出ている。

最終更新:5月31日(火)13時2分

聯合ニュース