ここから本文です

ジョニデ妻、8年前に同性婚で苗字も変更!

Movie Walker 5月31日(火)15時50分配信

ジョニー・デップに離婚を突き付けただけではなく、家庭内暴力疑惑でジョニーを奈落の底に突き落としたアンバー・ハードは、初婚ではなかったようだ。

【写真を見る】街でデートをするアンバーとタスヤ

バイセクシャルとして知られるアンバーは、2009年にジョニーと知り合った際には同性の写真家のタスヤ・ヴァン=リーと交際していたが、実は結婚していたのだという。

「アンバーとタスヤは、2008年から2011年まで交際していたと言われていますが、2008年3月にアンバーは、合法的に名前をアンバー・ヴァン=リーに変更していたんです。当時は同性婚が合法ではなかったので正式な結婚という形ではありませんでしたが、できる限り結婚に近い形をとることで、実質上の夫婦関係になっていたのです」

「それから3か月後には、カリフォルニアで同性婚を合法化する動きが活発になっていましたが、最終的に合法になったのは2013年です。アンバーとタスヤは、2011年に同性婚が合法化されたNYに行って、ごく少数の人たちの前で極秘で挙式を上げたそうです。しかし正式には婚姻届けを出していなかったので、ジョニーとの結婚は全く問題ありませんでした」

「2013年にアンバーは、名前をアンバー・ハードに戻す手続きさえすればよかったのですが、認められたのは2013年12月にふたりが婚約した3か月も後のことだったのです。アンバーはタスヤから贈られた愛犬ピストルを溺愛していますし、タスヤとの関係も続いていました。このことがジョニーを怒らせるきっかけになったと言われています」と関係者がミラー紙に語っている。【NU在住/JUNKO】

最終更新:5月31日(火)15時50分

Movie Walker

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。