ここから本文です

東亜ST、日本産・外用爪白癬(爪の水虫)治療剤の国内版権確保=韓国

WoW!Korea 5月31日(火)14時12分配信

韓国の東亜STは31日、日本の科研製薬株式会社から塗る外用爪白癬(爪の水虫)治療剤「Jublia(ジュブリア)」の韓国国内での版権を確保したことを明らかにした。

 今回の契約で東亜STはジュブリアの国内開発と独占販売権を持つことになり、許可申請と登録手順を踏んで、来る2017年に製品を発売する計画だ。

 科研製薬株式会社が2014年に開発したジュブリアはエフィナコナゾール(efinaconazole)成分の塗る爪白癬療剤として、病院で処方される専門医薬品だ。ジュブリアは臨床実験を通して、飲み薬とほぼ似た効果を見せて、アメリカ食品医薬局(FDA)の承認を受けた。

 2014年、米国とカナダ市場に進出し、日本ではクレナフィン(clenafin)という名で同年9月より販売されている。

 韓国国内での爪白癬患者数は2015年を基準に人口の2.3%に及ぶ117万人で、市場規模は飲み薬・塗り薬合わせて1053億ウォン(約98億5000万円)だ。

 カン・スヒョン東亜ST社長は「ジュブリアを韓国に取り入れ、皮膚科領域で市場占有率を高めたい」と述べた。

最終更新:5月31日(火)14時12分

WoW!Korea