ここから本文です

北朝鮮、金日成社会主義青年同盟第9回大会開催へ…23年ぶり

WoW!Korea 5月31日(火)15時36分配信

北朝鮮が来る8月、23年ぶりに金日成(キム・イルソン)社会主義青年同盟(以下、青年同盟)第9回大会を開く。

 31日、北朝鮮官営労働新聞は「青年同盟中央委員会第61次会議が30日、平壌(ピョンヤン)で進行された」とし、「会議を通じて青年同盟第9回大会を8月下旬、革命の首都・平壌で招集することで決定した」と報道した。

 また、討論者らは会議を通じて「青年同盟組織で働き手や同盟委員を第7回党大会の基本精神で武装させるための学習ブームを起こし、党大会決定貫徹に総決起、総発動させるための宣伝扇動事業を広げることを言及した」と伝えた。

 青年同盟は満14~20歳の青年・学生層が義務加入する北朝鮮最大の青年勤労社会団体で、1946年1月17日に「朝鮮民主青年同盟」という名称で創立された。

 北朝鮮は青年同盟第8回大会を1993年2月に平壌で開催、以降、23年間1度も開かれていない。

 一方、これに関して韓国統一部は「この間、北朝鮮は党大会が終わると青年同盟大会を開催してきた」とし、「北朝鮮は第7回党大会での課題貫徹と青年取り締まりの次元で、青年大会を開くと見られる」と述べた。

最終更新:5月31日(火)15時36分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。