ここから本文です

H・R・ギーガーの退廃的&未来的な「陰翳の廻廊」を紹介する展覧会

CINRA.NET 5月31日(火)19時12分配信

H・R・ギーガーの展覧会『ギーガー ―陰翳の廻廊―』が、7月25日から東京・銀座のヴァニラ画廊で開催される。

【もっと画像を見る(3枚)】

1940年にスイス・クールで生まれ、2014年に死去したギーガー。Emerson, Lake & Palmerによる1973年のアルバム『Brain Salad Surgery』のジャケットデザインや、1977年の作品集『ネクロノミコン』、さらに映画『エイリアン』のクリーチャーデザインなどで世界的な名声を得た。

デカダン芸術を蒐集するGallery Luciferが贈る同展では、ギーガーが1960年代後半に手掛け、のちのクリーチャーデザインにも通じる退廃的かつ未来的なモノクローム作品をはじめ、彫刻、版画、限定品などを展示する。

なお同展の開催を記念し、ギーガーが手掛けたレコードジャケットについてのトークベントが東京・銀座のCafé&Bar十誡で開催。詳細はCafé&Bar十誡のオフィシャルサイトで後日発表される。

CINRA.NET

最終更新:5月31日(火)19時12分

CINRA.NET