ここから本文です

保険初適用で補償、子宮頸がんワクチン副作用 宮崎市

宮崎日日新聞 5月31日(火)11時40分配信

 宮崎市は30日、子宮頸(けい)がん予防ワクチン接種との因果関係が否定できない症状を訴えた同市在住の10代女性に対し、補償金2170万円を支払うと発表した。市が加入している全国市長会予防接種事故賠償補償保険から支払われる。子宮頸がんワクチン接種に関連した同保険による補償は、同市では初めて。

宮崎日日新聞

最終更新:5月31日(火)11時40分

宮崎日日新聞