ここから本文です

イラク軍、IS支配のファルージャに進攻

AFPBB News 5月31日(火)7時49分配信

(c)AFPBB News

【5月31日 AFP】イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」が支配するイラク中部ファルージャ(Fallujah)の奪還作戦を進めている同国軍は30日、同市市内へ進攻した。市内には多くの住民が取り残されているとみられ、市民への被害に対する懸念も生じている。

 軍司令官らによると、イラク軍で最精鋭の対テロ部隊(CTS)率いる部隊が、有志国連合やイラク空軍の上空援護や、砲兵隊や戦車部隊の支援を受け、同日未明にファルージャ市内へ進撃。IS側は、狙撃手やわな、車を使った自爆攻撃で抵抗しているという。

 軍はまだ市中心部には切り込んでいないが、南郊の一部を奪還した他、東と北の周辺域に陣地を構えた。

 1週間前に始まったファルージャ奪還作戦は当初、同市周辺域の奪還に焦点を当てていた。CTSの参加は、2004年に米軍がベトナム戦争(Vietnam War)以来最も厳しいものの一つに数えられる戦闘を繰り広げた同市での市街戦段階が始まったことを示している。

 首都バグダッド(Baghdad)の西約50キロの場所に位置するファルージャは2014年、イラク政府がISに奪われた最初の都市となった。ISのイラクにおける事実上の首都となっている同国第2の都市モスル(Mosul)と並び、国内で依然ISが支配下に置いている2つの都市拠点のうちの一つで、市内に潜伏しているIS戦闘員は約1000人とみられている。

 ファルージャ進攻に先立ち、市外に避難できた住民は数百世帯のみだった。引き続き5万人が市内に取り残されているとみられ、ISがこれらの住民を人間の盾に使う恐れも出ている。(c)AFPBB News

最終更新:5月31日(火)7時49分

AFPBB News