ここから本文です

月9「ラヴソング」菅田将暉演じる空一の胸キュン告白&キスシーンが「最高の告白」「100点」と話題

E-TALENTBANK 5月31日(火)10時9分配信

昨日第8話が放送された福山雅治主演月9ドラマ「ラヴソング」。

先週の放送では、神代広平(福山雅治)に告白するも断られてしまった佐野さくら(藤原さくら)。昨日放送された第8話では、喉の不調の原因が悪性の肉腫であることが判明。声帯切除の可能性もあるという手術を受けるのを戸惑うが、天野空一(菅田将暉)の支えもあり、手術に踏み切ることを決意。その手術の前にワンマンライブを開催することを決めて…というストーリー展開を見せた。

そして、この日一番盛り上がりを見せたのが、ずっとさくらを友人として支えてきた空一が、さくらに再び告白する、というシーンだ。

この空一の不器用ながらもストレートな告白に、Twitterでは「告白からのキスシーンがもう最高すぎて泣けてくる。」「菅田将暉が女の子に告白して拒否られるわけがない!!!!」「空一の告白、最高すぎる。今日の空一くん100点」「もぉー叫んじまったよ後ろからのハグの告白からのチューやばめ 」「あのストレートな告白はやばい」「最高の告白だった。泣きそうだ」との声が相次いでおり、多くの視聴者の心を掴んだようだ。

最終更新:5月31日(火)10時9分

E-TALENTBANK

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。