ここから本文です

北日本を中心に大気非常に不安定 激しい雨や雷雨のおそれ

ウェザーマップ 5月31日(火)7時4分配信

 きのう30日は、東北北部を中心に大気の状態が不安定となったが、きょう31日からあす6月1日にかけては、北日本や東日本の広い範囲で大気の状態が非常に不安定となる。落雷や竜巻などの激しい突風、局地的な激しい雨に注意が必要だ。

 あす6月1日にかけて、北日本の上空約5500メートルに-24℃以下の強い寒気が流れ込み、北日本や東日本で大気の状態が非常に不安定となる見込み。北日本では、局地的に1時間に30ミリから40ミリの激しい雨が降る予想となっている。また、夕方以降は北陸や関東北部でも、雨や雷雨になる見込み。落雷、竜巻などの激しい突風、ひょう、大雨による低い土地の浸水、農作物の管理や屋外の活動などに注意が必要だ。発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、頑丈な建物内に移動するなど安全の確保に努めたい。

最終更新:5月31日(火)7時4分

ウェザーマップ