ここから本文です

サッシ協会新理事長の白井氏、「量から質への転換を」

鉄鋼新聞 5月31日(火)6時0分配信

 日本サッシ協会とカーテンウォール・防火開口部協会は30日に東京都港区の明治記念館で通常総会を開催し、総会後の理事会で新理事長・会長にLIXILの白井春雄副社長(ジャパンカンパニー社長)が就任した。任期は2年。

 同日会見した白井理事長は「今期の市場については消費増税の動向を見定める必要があるが、長期的には新築関連需要が下がっていく可能性がある。その中で量から質へビジネスを転換していくことが課題になる」とコメント。住宅の断熱化に貢献する高性能な開口部を供給することが今後1つのポイントになると説明した。
 またサッシ協会専務理事にはYKKAP黒部総務部担当部長の山浦尚氏が就任した。

最終更新:5月31日(火)6時0分

鉄鋼新聞